転職

50歳からの転職ってシビア!女性は得意を活かす仕事術を選択肢に

初心者さん
初心者さん
転職したくても仕事がない
50歳からの転職、女性だとけっこう厳しい

最近、そんな相談が多いです。

わたしはWebライターしながらフラワーアドバイザーをしているフリーランスですが、完全に得意を活かした仕事をしています。

転職が厳しいなと感じたら、得意を活かす仕事をするという選択肢はどうでしょう?

人生経験もスキルもまるごと活かして、じぶんだけの仕事術を身につけると、1年後の生活が全然違ってきますよ。

転職だけが選択肢じゃない

50歳くらいの年齢になると、20代・30代の人に比べたら人生経験が豊富だと思うんですよね。

転職しなくても、自力で稼げるスキルはそこそこ身についているはず。

初心者さん
初心者さん
いやいや、じぶんにはスキルなんてないです

そんなふうに言う人がいますが、好きなことや得意なことありますよね?

得意を活かす仕事術

初心者さん
初心者さん
好きなこと、得意なことを活かす仕事術ってなに?

そう思うかもしれませんが、けっこう周りに得意を活かした仕事をしている人っていると思いますよ。

実際のところ、なかなか転職できないなら起業しちゃえ!という主婦は多いです。

わたしの周囲の主婦たちの間でも、好きなことや得意なことを活かす仕事をしている人たちがけっこういます。

50歳代女性ならではのスキル

50歳代のアラフィフ女性ならではのスキルを活かした仕事、例えば

  • お料理やパンなどの教室運営
  • 手作り雑貨の営業
  • イラストやコピーライティング作成
  • ホームページ制作

ほかにも、例をあげればもっともっとたくさんあります。

たぶん「そう言えば、あの人そうかも」と思い当たる人いますよね?

働き方の自由度が高い

好きなことや得意なことを活かし、フリーランスとして稼げるようになる最大のメリットは、やはり『働き方の自由度が高い』という点。

わたしの場合、

  • 体が弱く外で働けない
  • 小遣いくらいは自力で稼ぎたい
  • 自宅でできる仕事がしたい

といった理由から、好きなこと得意なことを活かした仕事を、自宅でするようになりました。

体調が悪ければお休みできるし、空いた時間に作業できる。

つまり、働き方の自由度の高さがじぶんにピッタリだったから、転職じゃなくフリーランスを選んだわけです。

結果的に『大正解』でしたけどね。

行動しないと結果はゼロ

だけど、実際にはどうやったらいいのかわからない。

じぶんのスキルでは無理かもしれない。

そう言ってしり込みする女性が多いのも事実です。

誰だって失敗したくないので、できればリスクは避けたいもの。

きくまる
きくまる
でもね、実際は「行動してみたら結果が付いてきた」というのが、わたしの実体験です。

仕事がない悩みから解放されるコツ

どんなにすばらしい経歴やスキルがあっても、行動しなければ結果はゼロ。

これって、転職してもフリーランスになっても同じことだと言えますよね。

仕事がないという悩みから解放されるコツは、「やってみたい」と思ったときに行動することです。

50歳代のアラフィフという年齢を考えてみても、迷ったり悩んだりしている時間がもったいないと個人的には思います。

無理して転職しなくても良い時代

リモートで仕事ができる環境が、急速に整ってきています。

わたしは今、行きたくない会社に我慢して通勤することもなく、苦手な上司や同僚とのストレスに悩むこともありません。

フリーランスとして自宅で稼げるならば、無理して転職しなくても良い時代。

年齢を理由に、好きなことや得意なことで稼ぐことを、絶対にあきらめないで欲しいなと思います。

まとめ

子育ても終わり、自由な時間ができてくると、お小遣い稼ぎのためにパートやアルバイトしようかな~と思い始めるのが40歳~50歳。

でも、仕事をしたくても年齢制限でアラフィフ世代の転職事情はなかなな厳しいもの。

だからこそ、好きなことや得意を活かして、フリーランスとして働くことをえらぶ女性が増えています。

わたしも、そのなかの一人です。

ブログ、SNS、YouTubeなどのツールを使うことで、やりたい仕事ができる恵まれた時代。

がんばって転職先を見つけるのも良し。

フリーランスとして起業するのも良し。

好きなことや得意なことを活かしながら稼ぐ仕事術を、選択肢にいれる生き方もたのしいですよ^^